営業情報館

営業コラム

転職特集ページ

スポンサード リンク

営業職は 他の職種と比べて比較的転職される人の割合が高いような気が致しませんか?

そんな訳で、営業マンの転職に関するコラムや情報を集めたページを別途作成してみる事に致しました。

営業職の転職特集

最新の転職コラムより

定年退職後の再就職

学校を卒業して定年退職まで勤め上げた転職とは無縁の会社員生活を送ってきた方も、定年退職後の就職先を探すって事になるのが今の日本でありまして、なぜならば定年退職しても退職してから10年ほど待たないと年金も貰えないわけですから、少なくとも年金受給できるまでは、何らかの収入を確保する必要が出てしまうのですよね。

勿論、大企業の上級職まで上り詰めた方にはたっぷりと退職金が出るでしょうし、熟練工の不足に悩む製造業の世界などでは、定年退職後も再雇用の道を用意している場合も多いようですが、悲しい事に営業職の場合は、役員にでも上り詰めない限り、再雇用される可能性が少ないのですよね。

若い頃にバリバリ営業実績を上げていた営業マンでも年には勝てないのでありまして、定年退職近くになってきますと管理職になっているか、なんとか営業マンとして現場で働いていても流石に、若い頃のように新規顧客開拓に精を出したり、体力にものを言わせて営業実績を確保する事も難しくなっているのが現状で、頼りは人脈って事になっているのではないでしょうか?

まあなんと言いますか、営業職の場合は比較的他の職種に比べまして体力を要求される場面が少なく無い訳ですから、定年退職後に再度営業マンとして再就職する事は難しく、出来るとしたらかなりの広い人脈を持っていないと難しいと思いますね。

どうも書いていまして、営業職で勤め上げた人が定年退職後に過去の経験を生かして再就職するのは狭き門だって気がしてきましたね。

ただ個人的には定年退職後にSOHOですとか自分で会社を興して独立開業するのでしたら営業マンとして働いてきた人が一番向いていると思うのですよね。

営業コラム 営業ノウハウ

時間のあるときに、様々な営業に関する事柄や事例について、思いついたまま書いています。

営業のノウハウに関すること、新規顧客開拓に関すること、営業ツールや様々な販売に関する事を書き綴っております。

役に立つ事もあれば役に立たない事も有ると思いますが、お暇でしたら読んでみて下さい。

営業支援コラム第一部 ・第二部 ・第三部第四部第五部 第六部 第七部

■最新のコラム

海外での営業の求人への応募について

経済の動きがグローバルになってまいりまして、海外での営業活動を行うためのスタッフを日本国内で募集する事も増えてきていると思いますが、今回のコラムでは海外勤務又は、海外での営業活動スタッフの求人について思う所を書いてみようと思います。

有る程度、語学力に自信が有って、グローバルに活躍したい体力のある若い人や、なにせ経験者優遇の世界ですので、転職でのステップアップを考えている人にとっては、希望するところって感じになると思いますが、実際のところは応募者や経験者ってのは少ないのが現状ですので、かなり一方的に売り手市場になっているのが現状だと思います

売り手市場って事は、より良い雇用条件を求めて、今まで日本国内の求人情報しか目を向けていなかった人も、少し幅を広げまして海外での営業活動を行う求人情報にも目を通してみても良いのではないかなって思いますね。

■コラム閲覧数BEST3

第一位・使えない上司
  営業の現場では使えないと思われている上司は多いのでしょうか?新人営業マンは配属先の上司の営業力や営業管理能力によって営業成績が大きく左右されるのです。

第二位 バーター取引
  バーター取引の意味が分からないので調べるために閲覧されるのでしょうか?

第三位 営業成績不振脱出方法(スランプ脱出)
  営業マンの多くが思うように売上が上がらなくて孤軍奮闘している方が多いのだと思います。

第四位 新規顧客開拓
 やはり営業マンの売上を伸ばすにはルート営業でも新規顧客開拓力は必須ですよね。
見込み客の発掘や新規顧客開拓が出来ないと営業成績を伸ばすよりも、売上が落ちてきてしまいますから、必要な情報ですよね?

第五位 ディレクションとは?
営業の現場でもディレクションって言葉を使う人が居ますが、意味言われても意味不明の方も多いのでしょうね?

第六位 あいみつ(見積もりの競合)に勝つ方法
競合が無い商売は稀なのでありまして、勝率が営業成績を左右するって方も多いのでしょうね?

アクセスの多いコラムから

営業マンの迫力と気の弱いお客

40歳以上の営業マンの中には、セールストークとか細かいテクニックは一切無視して?迫力と気迫って感じで、一旦商談のテーブルについたら、どっかりと椅子に腰を下ろして、お客が買うと言うまで、鋭い視線で目線をそらさないでクロージングまで持っていてしまうタイプの方がいますね?

営業マンの無駄な訪問について考える

どんな優秀な営業マンでも収穫無しの日もたまには有るでしょうし、後々考えると無駄な訪問だったとか、時間を浪費してしまったと感じる時も有ると思いますが、回りまわってとか遠い遠い将来に、無駄だと思っていた訪問が実を結ぶ事も無きにしも有らずって場合も有りますので、営業マンの場合は線引きが難しい部分も有りますね?

反響営業とホームページ

簡単に書いてしまいますと一連のストーリーを先ずは仮説を立ててみて、ストーリーに乗っ取ってホームページから商談までの流れを考えるって形になってきます。
反響営業の形を作り上げるのは大変ですが、形が出来ればやりやすい営業スタイルですよね?

営業コストの算出

今回のコラムでは営業コストについての話題ですが、一般に現場で活動をしている営業マンは目標に対する達成率や利益の大きさが気になっているので有りまして、コスト意識は二の次、三の次って場合が多いのでは無いでしょうか?

営業日報と顧客管理のあるべき姿

企業の大切な資産として、のちの営業活動に活用できる形で残る事

予定表・営業日報・顧客管理が一元管理され二度手間が発生しない事

営業マンの日常業務に負担にならない事

無駄な作業や、ドキュメントは作成しない事
 
などが上げられるかと思います。
営業マンは時間を有効活用出来なければ営業効率は下がりますし、有効活用できれば営業効率は改善されます。

目的ではなく、売り上げ実績を出す為の手段として、営業日報や顧客管理や業務報告書が活用される事が一番望ましい姿ではないでしょうか?

私の本棚

一般の書店に並んでいる営業マン向けの書籍を紹介しています。

項目は新規顧客開拓向けの書籍/DMの成功率を上げる為の書籍/エクセルで顧客管理/要求仕様書の作成方法や書式・雛形など/テレアポ・テレマーケティングなど電話営業関係です。

こちらをクリックすると移動します。

営業日報効率アップ