正社員から派遣へ

スポンサード リンク

一昔前は多かったのが、ひとまず退職して正社員で希望の仕事が見つかるまで派遣で働いて、働きながら次の正社員としての採用を探して、試験を受けて正式に正社員として就職するとか、派遣社員として働きながら資格を取ってステップアップしてから、正社員として再就職したり、中には独立を目指す人が結構いたと思います。

一昔前と書きましたが、その頃はまだ就職戦線は売り手市場で、派遣社員もスキルが高いプロフェッショナルのイメージが高かったものですから、結構、一度退職して暫く派遣社員で働いて、やがていつかは正社員になったり独立開業する人で成功する人が多かったと思いますが現在はどうでしょうか?

派遣社員としての派遣先は規制緩和によってかなり多くの職種について門戸が開かれましたので、特に技術や資格が無くても、派遣社員として働こうと思った場合に、多くの方が働けるようになっていますので、一旦、正社員としての働き先を退職して派遣社員として働く事は、かなり広き門になっていますので、ここまでは楽になったと思います。

※ただし、そのお陰で世間一般が派遣社員に対して持っていた、良いイメージ、仕事のスペシャリストで専門性が高いプロのイメージは今ではすっかり無くなってしまったような気が致します。

しかし、がしかしですね、景気が落ち込んできた現状では派遣社員から自分の希望する正社員としての働き口を見つけて再就職する道は随分と狭き門になってしまっているようですね。

とはいえそれは、派遣社員として働く人の絶対数が増えた事も大きく関係しているので有りまして、確かに正社員としての就職は狭き門になっていると思いますが、どんな職種にしろスキルが高い人材はどんな時でも企業は採用したいと思いますし、ましてや営業社員の場合においては、レベルの高い、売れる営業マンは、採用したいと思っていますので、本気で頑張る人にとっては、再就職の門がせまくても、大丈夫な人はちゃんと正社員として再就職が可能だと思います。

ただ、先に書きましたが派遣社員に対する世間のイメージは下がっていますし、派遣として働いている間に資格を取りたいので有れば、しっかり資格取得すべきでしょうし、資格取得する考えが無いので有れば、派遣として働きながら、しっかりと素早く再就職先を探す活動を行いませんと、何年も派遣社員で働いていますと、どんどん年齢を重ねてきてしまう結果になりますので、正社員としての再就職の門はどんどん狭くなってきてしまうでしょうね?

まあ最近は、就職が決まらないので、まあ派遣社員としてでも働くかって感じの人が増えてきてしまっていますので、全体としてはいったん正社員を退職して派遣で働きながら、もっと良い待遇の正社員の働き口を見つけるってパターンが通用しにくくなっているのは事実では無いでしょうか?

営業職の転職へ戻る

スポンサード リンク