See-Think-Plan-Do-Checkよく見て考える事

スポンサード リンク

See-Think-Plan-Do-Checkよく見て考える事が、営業にとって非常に重要な事です。

■See
見ること、現状を把握する事です、把握するのはお客の事、市場の事、自分の商品やサービスの事、ライバルメーカーの事など、販売に関係してくる事をしっかりと把握する事です。

■Think
考えうる事ですが、現状をよく把握してから考えます。

■Plan
考えた結果を元に計画(販売計画)をたてます。

■Do
計画を実行に移します。

■Check
実行に移した結果を検証(チェック)します。

販売不振の営業部隊ほど現状を検証する事も、行動をチャックする事も無しに、Plan-Do-Plan-Do-Plan-Doばかりの繰り返しをやっている場合が多いのです。

売上を上げる良い方法はないかな〜ってそれだけなんですよ。

See-Think-Plan-Do-Checkは最後のチェックまで行ったら、又最初に戻ってきますが、それを繰り返す事により、分析力、立案力、行動が伴ってきて営業力が上がってくるのです。

追伸
何もやらないよりはましかもしれませんが、Plan→Do Plan→Doの連続ばかりで、それ以外は何も無く、兎に角 売上不振からの脱却の為に、検証も無ければ深く考える事もなく連続Plan→Doをやってしまう場合が有りますが、少し立ち止まって検証してみたり、実情をチェックして深く考えて行動すれば、より良い結果を生むことは少なく有りません。

営業活動にとって、焦って行動する事は、場合によっては行動量や気迫が向上して結果に結びつく事も少なくないのですが、日常的に焦ってPlan→Doをやっていてはいつかは息切れしてしまうものです。

特に営業管理職に携わる人にとってSee-Think-Plan-Do-Checkよく見て考える事が大切な仕事なのです。

但し、フィルターをかけて事実を見るとか、先入観が有りますとSee-Think-Plan-Do-Checkの最初の所で違う方向に導いてしまいますので、注意してくださいね。

スポンサード リンク