接待ゴルフの心得

スポンサード リンク

男性でゴルフをやらない人も増えていまして営業上の販売促進策としての接待ゴルフは減少傾向にあるようですね。

宮里藍さんの活躍により、女性ゴルファーは増えているようですが、社用族の接待ゴルフは確かに減っているようであります。
しかしながら営業接待といえば、飲食関係かゴルフが2大営業接待の双璧でありまして、どうしても接待でゴルフをプレーする必要が出てきて、仕事のためにゴルフを始める人も少なくないのではないでしょうか?

接待ゴルフのために始めた人にとっては、慣れないゴルフでしかも得意先を接待するわけですから、気苦労が多く、敬遠したくなる営業マンも少なくないと思います。

さてこの接待ゴルフの心得について少し書いてみましょう。

一口に接待ゴルフといっても数名で行くものから、お得意さんを多数呼んでコンペを行なうような大掛かりな接待ゴルフまで有りますが、規模が大きくなればなるほど、接待ゴルフの主催者側は準備が大変になってきますね。

実際に接待ゴルフの心得としてはコース上でのプレー中は、マナーを守って回りに迷惑をかけないようにプレーすれば、大きな問題にはならないのですが、接待ゴルフはプレーの前後の準備を如何に周到に行なうかが大切になってきます。

■参加者の招待から最終確認

■ゴルフ場までの移動手段の確認

■組み分け

■食事の手配

■記念品や優勝カップなどの手配

などなどの準備を周到にやっておいて当日を迎えることが、接待ゴルフの心得になってきますね。
会社でよく利用するゴルフ場であれば、相談に乗ってくれるかもしれません。

追伸
気の乗らない接待ゴルフであっても、接待する側の営業マンがプレーを楽しめなければ、接待される側にも伝わってしまいます。
接待ゴルフの一番の心得は、接待する側も楽しむって事かもしれません。

ゴルフ業界としては接待ゴルフ需要が減ってしまって、復活を望んでいるかも知れませんが、それは無いでしょうね?

但し、接待でなく営業マンとお客との交流の手段としては有る一定の効用は有ると思いますが、なにせ一日がかりになってしまう所が、気軽に出来ない所なんですよね。

スポンサード リンク