髭面の営業マン

スポンサード リンク

多くの企業では客先を訪問したり接客に携わる社員に対しては髭を生やすことを禁じていたり、暗黙のルールってやつで髭を髭を生やせなくなっていますので、髭面の営業マンってのは少ないと思いますが、今回は営業マンと髭について書いてみようと思います。

先ず何の為に髭を生やすかってのは人によって違うと思いますが、例えば

・貫禄をつけたいとか、年上に見せたいとか、相手に見下されないようにしたい。

って感じでファッションよりも背伸びって感じで髭を生やす人が多いように思います。

そのせいか、営業マンっていうよりもコンサルタント系の人間には髭を生やしている人ってのが多いような気がしませんか?

まあ日本ってのは自由と民主主義の国ですから相手に妙な印象を与えない限り、会社員であっても構わないと思いますし、自由業の方の場合は、相手へ与える印象は全部自分に返って来るって寸法ですから、それもまた構わないのですがね?

追伸
今まで髭を生やしていた人が、急に髭を剃ってさっぱりした顔になったとたん、何だか頼りないイメージになってしまって、若く見えるって感じになってしまうようですので、相手に与えるイメージをかなり与える事ができるってのは間違い無いですがね?

実は私の場合もたまに髭を生やして見ようかなって思う場合も有るのであります。

スポンサード リンク