展示会でのおかしなアンケート

スポンサード リンク

今回のコラムでは私が過去に出展社として参加した、又はお客として見に行った各種展示会での話を思い出しながら書いてみようと思います。

コラムタイトルはおかしなアンケートって書きましたが、別に設問の関係よりもその収集方法がちょっと違うような物が多かったですね。

具体的に書きますと、測量展、AECショウ、住宅設備機器展などの大掛かりな住宅建築測量関係の展示会での話ですが、メーカーは社員を大量に動員しまして、不足分は人材派遣のスタッフを使って、大量にアンケートを集めようとするわけです。

まあ多いパターンとして手籠にノベリティグッズ(ボールペンとか定規とか、まあその手の粗品の類)を入れて、アンケート用紙を片手に前を通る人に片っ端から声をかけてアンケートを取る訳ですが、アンケート内容が??な訳です。

■弊社ブースをご覧になられて感想は如何ですか?
  興味あり 無し もっと詳しく話が聞きたい
■弊社営業担当の・・・・

あのね、まだ前に来ただけで中も何も見てないんだから、書く事も答える事も絶対出来ないので有りまして、分からないからグッズ欲しさに名前だけ書いて、または名刺を渡して去っていく人が多いんですよね?

でねこの手のアンケートが展示会のたびに毎年繰り返されているのですが、展示会におけるアンケートの目的ってのはアンケートの内容よりも、後で連絡が出来るように連絡先を集めるって場合が多いので有りまして、とにかく数を集めれば目的達成なのでありますね?

個人的には、考えが理解できないので有りまして、そーゆーやり方に輪をかけているのが、アンケート回収枚数の目標設定ってやつでして、そんな目標なんて立てた日にゃ、内容はさておきアンケート回収枚数だけに目が行ってしまうんですよね?

スポンサード リンク