決算前の営業活動

スポンサード リンク

今回のコラムは主に法人営業にける話で有りますが、日本の多くの企業は3月が一年のうちで一番売上が上がる時期なので有りますが、これは決算前だから営業活動を頑張るって事よりも、購入する客のほうが決算前に利益の計上状況が良かったら、当期のうちに購入すべき物は購入しておこうとか、設備投資しておこうって気持で、物品やサービスを購入するからだと言われます。

販売する側の企業が、3月の目標値が高かったりするのは自社の決算ではなく、お客側のそういった状況を見越して目標値を高く設定しておくからだと思います。

ここまで読んでよく理解できない人のために少し補足説明をしておきますと、法人税ってのは1年間に出た利益に対して、約半分もの金額を税として納める必要が有るので、日本の税制なので有りまして、この約半分ってのは心理的にも経営者には非常に大きいものが有りますね?

でね、賢いベテラン営業マンにもなりますと、得意先の決算時期をちゃんと分かっていて、時として経営状況まで聞き耳を立てまして営業活動に生かしているので有りますね?

まあお客だってそのまま利益を出してしまっても、半分持っていかれるって、内心くやしいのが人の心なのでして、営業マンたるもの、時としてそんな心理を利用しない手はないと思いますね。

追伸
わが社の場合ですが、決算の状況にもよりますが、毎年3月になりますと、備品・パソコン・必要な業務ソフトなどを見直しまして、時として購入してしまうので有ります。

多分、企業の決算が毎月って税制が変わってしまったら、経常利益の一回決算分は1/12になりますので、一気に日本経済は冷え混むでしょうね?

では皆様のご検討をお祈り申し上げます。

スポンサード リンク