プレッシャーに打ち勝つ

スポンサード リンク

営業マンに限って言いますと大部分の方は日常的に売上達成のプレッシャーにさらされているので有りまして、プレッシャーに押し潰されてるようでは。業務の遂行は出来ませんし、出世競争から抜けて行ってしまう事になってしまいますね?

前にも少し書きましたが適度なプレッシャーってのは、モチベーションの維持には必要な要素の一つなのでは有りますが、人によって耐性の個人差が有りまして、有る人にとってはモチベーションのプラスに働いて、違う人にとってはただの圧力でしかなく、仕事のやる気を削いでしまう要素って事になりますので、特に管理職の人にとっては加減ってのを考える必要が有りますよね?

で個人レベルって言いますか、プレッシャーを受ける側の営業マンにとっては、もうプレッシャーに自分なりに打ち勝っていくしかないのであります。

まず、これは良く言われる事ですが、プレッシャーってのは個人個人の耐性のレベルが有るのですが、このレベルってのは徐々に上がってくるので有りまして、普段から小さいプレッシャーを感じていたら、そのうちに慣れてしまって、別に何とも思わなくなってきます。

過去に一度もプレッシャーを受けた事が無い人に大きなプレッシャーがかかってしまった場合には打ち勝つことが出来ない場合が多いのですが、普段から慣れている人の場合は打ち勝つことが出来る可能性が高くなってくるので有りますね?

ですから普段から、自身で自分に理由を付けて小さいプレッシャーを与えておくってのも一つの方法ですし、管理職の方も部下の将来を考えれば、経験の浅いうちから、与えるプレッシャーをコントロールして徐々に耐性を上げて置くってのも必要では無いでしょうか?

俗に言う、厳しい上司なんて人は世の中にいっぱい存在いたしますが、新人の頃にこの手の方の下で働いておきますと、後で良い事がきっとあると思いますよ。

スポンサード リンク