営業社員 部下の追及の方法

スポンサード リンク

営業現場における管理職の仕事の一つに、部下の育成管理がありますが、業務遂行上、部下を追及する必要が出てきます。

同じ、部下を追及するにしろ、追求することによって課題や改善点が明らかになって、今後の営業活動にプラスの結果に終わる、部下の追及も有りますが、部下を追い込むだけで逆効果になってしまう追求も有りますね?

では効果的な部下の追求方法、良い部下の追及って何でしょうか?

■部下を追及する際は、具体的な質問そして出来るだけ具体的な答えを求める事

営業方法についてとか、売り上げ実績に対して追及する場合に、単なる精神的な部分、頑張りが足りない等の事に対して、問題点をはっきりさせるのが追求でして、大声で威圧するのは追及では有りませんね?

営業成績が上がらないのであれば、現状で何が問題なのか何を改善すべきなのかを自分で考えて、行動に移れるようにもって行かなければなりませんね。

勿論、助言やアドバイスなど、助ける事も重要ですが、先ずは自分で考えて答えを導かせる事が育成につながります。

■追及の際に自分が言ったこと、部下が言ったことはちゃんと覚えておく事
簡単に書くと、その場限りの追求であれば、やらないほうが良いですよって事です。
覚えておく事が緊張感につながる訳です。

追伸
最初のうちは上司に追及て、商談時の確認不足や至らなかった点に気が付いて徐々に営業内容が改善されてくる状態が理想の部下追求の姿だと思いますが、部下の逃げ道を100%完全に塞いでしまうような部下の追及は、極力避けたほうが良いでしょう?
又、部下が上司に対して助言や報告がしやすい、明るく部下を追及する形が良いと思います。

 

スポンサード リンク